« カウンター設置 | トップページ | 終戦ドラマ »

フリップ(フィリップ)・ソーンダースをコーチに指名

Pistons Name Flip Saunders as Head Coach

ラリー・ブラウンをクビにして以来、候補の第1番手に上がっていたソーンダース(サンダースの方が近いような気がするが)がピストンズのコーチに決まりました。

ティンバーウルブスを西のプレイオフ常連にした非常に優秀なコーチですが、チームを嘘みたいに強くしたリック・カーライル、優勝と2年連続のファイナル進出で何故カーライルをクビ?と思ったファンを納得させた名コーチ中の名コーチであるラリー・ブラウンの後任ですからねぇ

ううむ、ピストンズファンとしてはがんばって欲しい物です。

それにしても、やっぱりラリー・ブラウンはオーナーに切られたということで間違いないようですね。

ピストンズのオーナー(見た目は人のいいじいさまっぽい)の我が儘っぷりはたびたび耳にしていたのですが、とにかくチームは俺の物、コーチや選手が俺より目立つのは許せんという感覚の持ち主という訳ですね。そら、オーナーってくらいだからそれは有り得るのかもしれないが、自分の面子のためだけにチームを壊してどうするんだ。もう勘弁して~

せめてもの救いはジョー・デュマースがいること、主力選手はしばらくチームに残りそうなことですが生々流転のNBAのことですからいつ誰がどこに行くか判りませんからねぇ。そういう意味で、GMとしても素晴らしい手腕を発揮している彼が居てくれるのはファンにとってはありがたいことです。デュマースはもうピストンズに15年以上は関わっているわけでオーナーとは上手くやれているのでしょう。

« カウンター設置 | トップページ | 終戦ドラマ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。TBありがとうございます。
コーチの件は妙なことになってしまいましたねえ。2年連続ファイナル、1回優勝のコーチが交替とは……。プロスポーツ史上でもあまりこういう事は無いんじゃないかと思います。

佐吉さん始めまして

一応「健康問題」が理由になっているみたいですがねぇ、何だが巨人の1年目日本一、2年目リーグ2位で首になった原監督を思い出しましたよ(笑)

こういう比べ方をすると卑近な感じがしますが、感情的な問題で解雇、ファンはどうしたらいいの?という悲しい共通点があります。はぁぁ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリップ(フィリップ)・ソーンダースをコーチに指名:

« カウンター設置 | トップページ | 終戦ドラマ »

2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

とりあえずのリンク