福島第一原発•第二原発避難指示地図更新(4/11政府発表対応)

表題のGoogle Mapを更新しました。

4月11日の政府発表の「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」を表示しています。今回の指示はかなり複雑になつていて、分かりづらいかもしれません。出来るだけ正確に描くようにしていますが、間違い、こうすれば見やすいなど指摘を戴けると嬉しいです。

地図はこちらです。

より大きな地図で 福島第一・第二原発避難範囲 を表示

福島第一原発・第二原発避難指示範囲地図更新

表題のGoogle Mapを更新しました。基本的には地図の内容は変えていませんが、本日第一原発より30kmの屋内退避指示が出ている地域に対して「自主的な避難」の呼びかけが政府より発表されたのでコメントを変更しました。

地図はこちらです。

より大きな地図で 福島第一・第二原発避難範囲 を表示

個人的な感想ですが、自主的な避難という曖昧な指示は当該地域の住人/自治体にとって非常に迷惑ではないでしょうか?放射性物質による汚染などが理由ではなく生活物資など、物流が途絶えているので生活が困るでしょうからという言い方をしていましたが物流で解決できるのであれば政府の力で物流を復活させれば良いでしょう。

訂正します、官邸の公式アカウントでは「この地域で、自主避難をせずに残られる方についても、生活支援には全力をあげる。」としています。本当にその通りになることを願います。

それでも自主的な避難推奨が出てしまったあとは、更に20~30km圏内の物流は厳しさを増すし、その周辺、例えばいわき市もますます困ったことになるのは避けられないのでは無いかと危惧しています。


新聞の配達が無くなる日

12月16日のCNNヘッドラインにデトロイトの地元紙が週7日配達を終了するというニュースが出ていました。なんとデトロイトピストンズファンにとっては重要な情報源である、デトロイトの地元紙が毎日の配達をやめてしまうというニュースです。

Detroit newspapers to end daily home delivery

以下 Free PressのCEO David Hunke氏の会見要旨です。

The Detroit Free PressとDetroit Newsは米国の大都市の新聞で毎日の配達をやめる最初の新聞になると両紙が発表した。
「我々は生き残りを賭けて戦っている。我々が新聞として知っている物が飛躍的転換を遂げる時期だと考えている。
2009年の3月までのある時期から、2紙は木曜、金曜、日曜日の配達のみに切り替える。新聞は毎日ニューススタンド(売店)で手にはいるし、オンラインでの提供も拡大される。
情報を届けることの力学はテクノロジーのため永遠に変わってしまった。
紙、インクと配達にかかる燃料のコストが、ニュースを伝えるという能力に影響するニュースルームの人員削減を強いている。毎晩30万マイル(48万キロ)の距離をカバーして走行する配達車の代金を支払うことは、63%の読者がブロードバンドインターネットアクセスを持つ時代には経済的に無意味だ。」

大丈夫か?Free Press、まじでつぶれないでね。

それにしても、常日頃からFeedやらソーシャルブクマでネタを拾っているような人間には納得のいく説明というか、いつかこんな日が来るだろうなというニュースですけど果たしてネットに親しくない層はこの説明で納得するのだろうか?

ネットなんていらない、新聞を読めば十分に世の中のことはわかるという人だってまだまだたくさんいるし、ネットでニュースを日頃からチェックする人でも新聞の一覧性の高さや見出しの大小によるニュースの扱いなど、紙の新聞ならではのメリットがあるので新聞は取り続けているという人も多いと思う。

うちも新聞は取っているし、寝起きに新聞をつかんでトイレに入りざっと紙面に目を通すのが習慣化している。(朝からWEBでニュースを読むと、ついつい余計なページまで読んで遅刻しちゃうから新聞の方が断然よい) 古新聞は、猫砂を捨てるのにも重宝している。

しかし、やっぱり新聞が今までの業態ではやっていけないところに来てるんだなぁ

日本の場合、新聞の宅配を支えているのは折り込み広告と言われていてあの新聞に挟まれて運ばれるチラシの収入が新聞配達所の主な収入なのだそうだ。昨今の状況ではチラシからの収入も減っているだろうと推測されるし、さらに日本でもニュースはネットでも見られるから、という理由で新聞を取らない層も増えている。

発行部数が減って、配達店で取り扱う部数が減れば当然それはチラシの広告料の減収ということになるわけで、この動きは日本にも波及する可能性大だね。

アフガニスタンの誘拐事件

伊藤さんの遺体発見 外務省が身元確

非常に残念な結果<になってしまったけど、最初にこのニュースを聞いたとき「ずっと、アフガニスタンの為に活動してきたペシャワール会のスタッフが何故?」という思いだった。

で、日・パ旅行社のオバハンのブログにその答えが書いてあった。

アフガンで日本人誘拐、そして解放??

パキスタンやアフガン人のちょっとした誘拐(誘拐というよりカツアゲ)は良く起こる」と言うので、身代金狙いの単純誘拐であることを祈っている。
とは言え…支援活動では、良くも悪くも現地との濃厚な接触が避けられない。現地では利害対立の村人が出て当然で、利害を挟んでのトラブルに巻き込まれることも、ままある。それは、オバハンたちにも当てはまることだ…

アフガンで日本人の拉致
日本では、「現地の信頼厚いはず」 「古くから支援に尽力してきたペシャワール会のメンバーですら狙われるのは、長年、戦争が続き、教育が行き届いていない。NGOの存在が理解されていない」 「ペシャワール会は、徹底的に地元密着型で活動しているという。現地で恨まれることは考えにくい」等と指摘をしている人たちがいたが、多くの日本人は「支援活動」を少し考え違いをしているでは??

タリバーンにしろ、武装集団にしろ、各々信じるところに拠って行動している。その価値観がまったく異なる集団に向かって「地域住民のための支援だ」などという善意は通じない。  また、昨日も少し書いたが、受益できない人たちからは大いに恨まれていると認識すべきだろう…。 支援活動では利益を受けることの出来た10人が(その恩恵をもたらした神へ)感謝し、後の10人は利益をもたらさなかったNGOを恨むと考えるべきだ。

なるほど、現地でよかれと言う活動をしていても全ての人から感謝されるという物でも無いということだ。何とも難儀な話だけど、それでもこの土地でがんばっていた伊藤さんの無念はいかばかりか…

医療制度とか介護制度とか

インドネシアからの看護師と介護士候補がやってきた、一方でドラマTomorrowどころかまじで市民病院がつぶれている今日この頃。

病院の経営が破綻する原因は、医師不足だという。

医師不足の一番大きな原因とされているのは新臨床研修制度で、研修医が「大学病院の医局によって派遣される」のではなく自分で研修先を選べるようになったからという。要は元々病院に勤務する常勤の医者は足りて無くてそこを見習い医師を大学病院から派遣して貰うことで何とかやりくりしていたわけだ。

医師労働環境の現状と課題

というレポートを見ると、若い医師の勤務時間が極端に長いことがわかる。(というか、日本の医師の勤務時間は欧州諸国に較べてべらぼうに長い)

こういう見方をすると医者の数は足りてないのだ。

大体、日勤で働いた後そのまま休みも取らずに当直勤務というのが常態化している国って日本くらい何じゃないかな?入院していて、深夜に具合が悪くなっても診てくれるのは寝不足でへろへろな医師しかいない状況では医療ミスは減らないよな。

そこへ持ってきて、近年診療報酬は減らされて、今度は社会保障費を年間2,200億減らしていくという。政府も政治家も真面目に日本の医療をよくして行こうなんてこれっぽっちも考えてないんだろうな。

当然日本医師会も新聞に全面広告なんか打って訴えている。

日本医師会は、社会保障費の年2,200億円の削減に反対します

足りないのは医者だけじゃない、看護師や介護士が足りないのも常態化していて最初に書いたインドネシアからの人員受け入れという事態になっている。

何でそうなっちゃうのか?というと、簡単に言うと医療とか福祉に金をかけてないから、としか言いようがない。あれ、医療費高騰が社会問題になってるんじゃないの?と思ってしまうが実は日本の医療費は国際水準では低いのだ。

さらに言うと、国が負担している医療費は米国の1/10とう水準だ。(っていうかアメリカってこんなに福祉に金を使ってたのね)

調べるともっと出てきそうだけど、今回はこんな所で。

こうやってちょっと調べると、要は金をかけてないからプアなんじゃね?としか思えないのだ。日本人は政府の言う医療費高騰という言葉に騙されているとしか思えないよ。

いじょ

あ、おまけ

介護士とか看護師の人材不足はなぜ起こるのか?というと、もちろんきつくて大変な仕事だからというのもあるかもしれないけどこれらの職業の賃金が安めであるというのも大きいと思う。

夜勤をすれば手取りで月30万円位にはなる(職場もある)看護師はともかく、介護福祉士は手取りで10万円台が多く、経験10年でも20万前後とかいうレベルだもんな

国家資格で、えり好みしなければ日本全国大抵どこでも就職可能な看護師でさえ人手不足なんだから介護関係は推して知るべしというところだと思う。

あと医者、確かに医者の賃金は高い、が全てにおいて本当か?

少なくとも研修医は安い、新制度で改善されても30万くらいだ。医師労働環境の現状と課題を見ると研修医世代は週に87時間くらいなので時給を計算すると800円を切っている。マクドの店員とかスーパーのレジ係に負けちゃう水準だ(笑)

こういう賃金で、人の生き死にを預かり一歩間違えば訴訟を起こされるというのは大変な職業だと思うよ。

生粋のオーストラリアの血統?

首相の先祖は下着ドロ、豪で見直される流刑地としての過去

 教会の長老は、ラッド首相は移民と流刑者を先祖に持つ「生粋のオーストラリアの血統」だとたたえた。オーストラリア系図学会の会長も、「オーストラリア人にとって流刑者の先祖は『聖杯』に等しい。特に第1船団ならなおさらだ」と述べた。

生粋のオーストラリア人はアボリジニだろ、常識で考えて。

自民がインターネット規制法案

これは酷い、すらどの記事 "12年前のCDAと同様のインターネット規制法案が審議されている”より、

日本の子供たちからインターネットが消える日
ネット料金が高騰し、政治家の懐に入る法案が審議されてる!?

最初のリンクから意訳的要約を引用するとこんな感じ、

1. 内閣府に設置される少人数の青少年健全育成推進委員会(最大数5人)っていう組織が、インターネット上の全てのコンテンツについて、青少年に有害か無害かについての判断基準を作成します。ちなみにその基準への異議申し立ては、多分無理。(法案19条から31条) 2. 個人も含む全てのウェブサイトの管理者は、上記の有害コンテンツの基準に合致した場合、サイトを丸ごと未成年が入れない会員制にするか、フィルタリングソフトへ自らのサイトをフィルタ対象として申請することなどが、求められます。(3条1項) 3. 全てのISP、ASP事業者などには、有害コンテンツの削除やサービスの停止が求められ、従わない場合の罰則も設けられます。結果としてウェブコンテンツの削除は行われることになります。(3条) 4. 全てのPC・携帯電話について、国の基準に基づいたフィルタリングソフトウェアをプレインストール、あるいは、フィルタリングサービスに強制加入することが、PCメーカー(努力義務)及びキャリア(提供義務)に求められます。(5条、8条)

自民党は混乱しきってる今国会でこの法案を通して、自分たちに都合の悪そうなサイトに規制をしてついでに利権確保という線を狙ってるのかな。ちなみに参院で否決されるかっていうと、実は民主党も同じような法案を用意しているようなので極めてぁゃιぃです。
「子供たちのために」とかいう善意をまとって、こんなヤバイ法案を出してくるとは本当に酷い。

あと、この件でいやらしいのはテレビと新聞が(今のところ)全く報じてないこと。ネットだけじゃなくて、テレビと新聞とかも一緒くたに規制する法案が今までに2度ほど出ていて、そのときは新聞もテレビも一斉に「検閲だ!」「表現の自由を守る」と大騒ぎして反対しているんだよね。

インターネットはテレビ、新聞の共通の敵、だから今回の法案に対するテレビ、新聞の報道っぷりで彼らの立ち位置というか「公明正大な報道機関」としての確からしさが判る様な気がする。

週末の災害

強風や高波、海・山で遭難相次ぐ 死者・不明43人以上

連休と悪天候が重なると、海山の事故が多発するという流れは毎度のことですが厳しいですね。しかし、今回は釣船やプレジャーボートだけじゃなくて漁船も事故を起こしてるんですね。

やっぱり悪天候の日に海に出ちゃいけないよなぁ。

沖縄に潜りに行って台風に当たることはよくあるけど、そういう日はきっぱりとあきらめることは安全にダイビングを続けていく上で大事なことだと改めて思う。

しかし、今日は何とか船を出せますよと現地のサービスに言われたらその判断を信じて行ってしまうことはあり得る話だと思う。そういう意味では、大丈夫と判断して船を出した遊漁船の船長にはもっと慎重であってほしかったと感じてしまう。

今回は船室で就寝中に転覆ということで、救命胴衣をつけている人も少なかったと思われるし。

もちろん最終的にその船に乗る、乗らないを決めるのは釣り人の責任でその結果は自分の命に降りかかってくるということは忘れちゃいけない訳だけど連休の週末、空は晴れ、風は強いけど「今日は船出せますよ」と船長に言われたときにやっぱりやめますと言える人はかなり意思が強いと思う。

ぼくは山はやらないけど、山だって同様の判断はみんないつもやってると思うんですよね。

と書いていたらこんな記事も出てました。急に低気圧が発達したので読みにくかったということですが、それにしてもこれだけの犠牲者が出るとは残念です。

昨日の社説


昨日(になってしまった)の朝刊では読売、産経、朝日がアジアカップ中国サポーターの反日をピックアップ。もちろん各社の内容は想像通りでした。ちょっと産経のつっこみが甘いかもしれない。
朝日はまぁ、いいんだけど自虐的すぎというか中国人が書いてるんですか?という感じですね。

読売


 四年後には、威信をかけた北京五輪が開催される。今回のようなマナー無視の無法応援さえ抑制できないのでは、五輪開催の能力を疑われかねない。

 江沢民・前国家主席は九八年の訪日の際、「歴史の教訓を永遠にくみ取らなければならない」と、一方的かつ執ように繰り返し、日本国内の嫌中感情に火をつける結果を招いた。




朝日

 重慶や済南での「反日」騒動には、むろん日本の中国侵略という歴史的な背景がある。とくに重慶は、日本軍機の無差別爆撃によって膨大な数の市民が犠牲となった。日本の若者たちも、この事実を知っているかいないかで、騒動への見方が変わってくるだろう。

 そうであれば、スタンドの「反日」をいたずらに過大視することは賢明ではない。むしろ考えるべきは、なぜ日本が標的として使われやすいかだ。歴史の和解に魔法のつえはないが、歴史のとげを抜くことは今日の政治家の責任である。

産経


 中国は準決勝で十年間負け続けたイランを破り、決勝戦で日本と対決することになった。中国人サポーターのボルテージは上がり、ネット上には「抗日戦勝利を」「小日本撃滅」などの書き込みが乱舞している。日本政府が不測の事態を警戒し、中国側に異例の申し入れを決めたのも当然だ。

 自国チームへの応援は大いに結構だ。ただ相手チームの選手やサポーターに不安や不快感を抱かせるようでは開催国として失格だ。中国人サポーターの行動と当局の無為無策は、四年後の北京五輪開催資格へ疑問の声を呼ぶ。日中戦での改善を期待する。


医師、看護婦の待遇

ちょっと古い記事ですが


超勤手当不足が数十億円に 国立大病院、支払い見送りも


文科省人事課は「大学と相談しながら、必要な対策をとっていきたい。厳しい状況であることは理解しているが、医師にも裁量労働制が適用されるよう、厚労省への働きかけは続ける」と言う。厚労省賃金時間課は「裁量労働制は経費減らしのための制度ではない。適用範囲を広げることは、働いた分の給与を受け取るという原則をゆがめるので認められない」と話している。

これはどう考えても厚生労働省の方が正しいよなぁ

大体、日本の医者の勤務制度っておかしい。だって、当直で泊まり込み勤務をしたあとそのまま日勤で昼間働くんですよ。まぁ、当直中ってのは念のために病院にいるだけで急患や急変が発生しなければ何もしなくて良いからというのが建前なんだろうけど、実質は夜勤でしょ。

看護スタッフに雑用※をやらせているとか、この辺の医療従事者の労働環境を改めないと日本の医療のレベルは上がってこないと思う。この辺は医療コストにもろ直結する話なので、国民皆保険の日本では大変なのはわかるけど医療ミスがなくならない現状では是非とも改善して欲しい。その引き換えに健康保険料が上がっても良いから。

※アメリカの病院に入院したことがありますが、あちらでは正規の看護婦は投薬やバイタルチェック、採血など看護婦でないと出来ない仕事しかしません。清拭やベッドの準備などは別のスタッフがやっています。受け持ちの患者数も看護婦一人に対して4~5人程度と、日本の病院より少なそうです。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter Update

Guitar Cord Book

  • :
  • :
無料ブログはココログ