« 2016年11月 | トップページ

2017年2月

Gottsu METAL HL / Yanagisawa Ebonite テナーサックスのマウスピースの話

テナーサックスを吹き始めて3ヶ月した辺りで先生からメタルのマウスピースでも買ったら?というサジェスチョンがありました。元よりそろそろ色んなマウスピース試して見たいなと思っていたので渡りに船とばかりに探し回って、下記の2つを購入しました。

それにしてもサックスってマウスピースを変えると驚くほど音が変わりますね。ギターにたとえると弦がリードに相当すると思うんだけど、マウスピースは構造的にブリッジ/ナットに相当すると思うんだけど音色的にはブリッジ/ナット + ピックアップも同時に変えたような大きな変化ですね

ギターでブリッジ/ナット、ピックアップを変えるとなるとかなりの手間です。構造にも寄りますが、最低丸1日は必要な感じの作業になります。

それと体感上は同等の変化をマウスピースをスポっと差し替えるだけで実現できるサックスは凄いです。

さて、では拙いですが購入したマウスピースについてメモっておきます。

Gottsu Metal HL #6
初のメタルマウスピース、メタルのオープニングが大きめのものは音なんて出ないんじゃ無いかと思ってたけどそんなことは無くて普通に吹ける感じでした。音はパワフルで大きな音がスパーンと出る。ギターで言うとブースターをかけたOver Driveサウンドって言う感じ。
ハイバッフルの特徴か押し出しのある中音が詰まってる様な音色、派手な音がする。

Yanagisawa Ebonite #7
元々楽器についていたメーカー製のオープニング違い、#4→#7の違いなんだけどオープニングが大きいと息がすうっと入って楽に大きな音が出る。音色も明るめになる感じ。
#4で吹きづらいと感じていたところが解消される感じで、買って良かったと思った。

MPを変えたことに伴ってリードも見直しになりました。ヤナギサワの#4で使っていたRICO 3 1/2などは硬すぎるので自然と柔らかめのリードを使ってます。

色々試した結果 Gottsu HL にはRICOのSelect Jazz 2M、ヤナギサワの#7にはVandoren JAVA 2 1/2 がいい感じかなというところに落ち着きました。

MPを変えたことで、大きな音で吹きやすくなりアンブッシュアも少しずつ作れるようになってきた(気がする)ので、何となく吹いていて自由度が増した感がある。

がーっと大きな音で吹けるようになったことで今度は小さい音で音色を作りながら吹くという感覚も分かるようになってきた。いやあ、サックス楽しいですね。

で、最近の悩みは練習環境です。理想をいえば今物置になってる部屋を片付けて中古のアビテックス購入ですが、正直すぐに実現できる気がしないのでe-saxに手を出して見ようかと思い始めてる\(^o^)/

« 2016年11月 | トップページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter Update

Guitar Cord Book

  • :
  • :
無料ブログはココログ