« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

Chatmonchy / Char ライブ

2012-05-24(木) 19:00 start
恵比寿 リキッドルーム
チャットモンチーとCharが対バンするという珍しいライブに行ってきました。

何かあると思いきや、普通に対バンするだけでした(´・ω・`)

チャットモンチー
2人体制のチャットモンチーをライブで見るのはこれが初めてです。最後に見たのはYOU MOREツアーの横浜公演、つまり高橋久美子が抜ける前のラストツアーです。

このツアーでの演奏がもの凄く良かったんですよ。バンドとしてのまとまりというか一体感が凄く良く出てて、何というか自分たちのやりたい音楽が思い通りに出来てるんじゃないかという感じが凄くしたんですよね。

ゆったりと聞かせるところ、キレのあるところ、ドライブ感にあふれて疾走するところどこをとっても素晴らしく、あぁ、良いバンドになったなぁと感動して家路についたのを憶えています。

その横浜でのライブのあと、高橋久美子の脱退が発表されてまさかあれがあの3人の見納めになるとは…と残念でならなかった訳です。

という事が自分の中にあって、昨日のライブ。チャットモンチーはチャットモンチーでした。彼女たちのやりたい音楽は多分全くぶれてない、ただ1人欠けてしまった、そんな感じでした。

事前に見聞きした話では、福岡晃子がドラム、橋下絵莉子がギタボという事だったのですがライブ冒頭でえっちゃんがなんとドラムをたたき出してびっくり!なんとえっちゃんもドラムを練習してたんですね。

ただし、使うのは両手だけ!何曲か叩きましたが最後までバスドラは踏みませんでした(笑)

その後はあっこがドラムを叩く曲が多かったのですが、曲によっては入れ替わってえっちゃんがドラムの曲が2~3曲、あっこもドラムを叩きながらキーボードでベースパートを弾いたり、えっちゃんもルーパーを駆使して何とか演奏に幅を持たせようと色々と工夫していて楽しいライブでした。

ただし、いろんな試行錯誤と工夫はありましたが音楽としての完成度はどうしてもいまいちで、何だか実験中という感じが強かったです。チャットモンチーファンとしては、楽しめるんですがやはりあの音楽で、打ち込み無しの2人ライブは辛い物があります。

この先どうなるか分かりませんが、彼女たちにぴったり来るドラマーを何とか見つけ出して、新生チャットモンチーを早く見てみたいという気持ちになりました。

遠目に見たえっちゃん機材
アンプ: ÷13 JRT9/15、VOX AC15HTVH (いずれもAmp head + cab)
ギター:クリーム色のムスタング、Tom Holms BG Standardと思しき銀スパークルのギター、いつものサンバーストテレ

Char
メインアクトで登場したChar、あのCharです。80年代の日本のギター少年が意識しないわけにはいかなかった、あのChar。

で、実はCharのライブは初めてだったのです。ただ、ライブ音源は20年以上前から聴いていたし、スタジオ音源もそれなりに聴いてるし、さらにテレビでもよく見かけるギタリストなので大体こういう感じなのかなぁというイメージは出来ていました。

で、その「イメージ通り」でした。良くも悪くも安定しまくってます、セットリストもアップルジュースから始まって、ラストにPurple Hazeで始まるメドレーをやってアンコールの〆はSMOKYと(初めてなので分かりませんが)鉄板感にあふれる選曲でした。

選曲に関しては、対バンありで時間が短かったし、チャットモンチーファンが多そうだしそのファン層を考えると恐らくCharって誰?見たいな感じになってるのでこれで大正解だったと思います。

MCもほとんど入れずに弾きまくる90分間、圧巻でありました。

ただ、20年前のライブ音源とほとんど一緒と感じてしまうのは何というか安定しすぎ何じゃないかという気もしたのでありました。

遠目に見たCharの機材
アンプ: MATCHLESS DC-30
ギター:Fenderのシグネチャーモデルのベージュのストラト(確か最初の1~2曲だけ?)、これも多分シグネチャーモデルのマッチングヘッドの緑のムスタング

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter Update

Guitar Cord Book

  • :
  • :
無料ブログはココログ