« 生粋のオーストラリアの血統? | トップページ | アフガニスタンの誘拐事件 »

医療制度とか介護制度とか

インドネシアからの看護師と介護士候補がやってきた、一方でドラマTomorrowどころかまじで市民病院がつぶれている今日この頃。

病院の経営が破綻する原因は、医師不足だという。

医師不足の一番大きな原因とされているのは新臨床研修制度で、研修医が「大学病院の医局によって派遣される」のではなく自分で研修先を選べるようになったからという。要は元々病院に勤務する常勤の医者は足りて無くてそこを見習い医師を大学病院から派遣して貰うことで何とかやりくりしていたわけだ。

医師労働環境の現状と課題

というレポートを見ると、若い医師の勤務時間が極端に長いことがわかる。(というか、日本の医師の勤務時間は欧州諸国に較べてべらぼうに長い)

こういう見方をすると医者の数は足りてないのだ。

大体、日勤で働いた後そのまま休みも取らずに当直勤務というのが常態化している国って日本くらい何じゃないかな?入院していて、深夜に具合が悪くなっても診てくれるのは寝不足でへろへろな医師しかいない状況では医療ミスは減らないよな。

そこへ持ってきて、近年診療報酬は減らされて、今度は社会保障費を年間2,200億減らしていくという。政府も政治家も真面目に日本の医療をよくして行こうなんてこれっぽっちも考えてないんだろうな。

当然日本医師会も新聞に全面広告なんか打って訴えている。

日本医師会は、社会保障費の年2,200億円の削減に反対します

足りないのは医者だけじゃない、看護師や介護士が足りないのも常態化していて最初に書いたインドネシアからの人員受け入れという事態になっている。

何でそうなっちゃうのか?というと、簡単に言うと医療とか福祉に金をかけてないから、としか言いようがない。あれ、医療費高騰が社会問題になってるんじゃないの?と思ってしまうが実は日本の医療費は国際水準では低いのだ。

さらに言うと、国が負担している医療費は米国の1/10とう水準だ。(っていうかアメリカってこんなに福祉に金を使ってたのね)

調べるともっと出てきそうだけど、今回はこんな所で。

こうやってちょっと調べると、要は金をかけてないからプアなんじゃね?としか思えないのだ。日本人は政府の言う医療費高騰という言葉に騙されているとしか思えないよ。

いじょ

あ、おまけ

介護士とか看護師の人材不足はなぜ起こるのか?というと、もちろんきつくて大変な仕事だからというのもあるかもしれないけどこれらの職業の賃金が安めであるというのも大きいと思う。

夜勤をすれば手取りで月30万円位にはなる(職場もある)看護師はともかく、介護福祉士は手取りで10万円台が多く、経験10年でも20万前後とかいうレベルだもんな

国家資格で、えり好みしなければ日本全国大抵どこでも就職可能な看護師でさえ人手不足なんだから介護関係は推して知るべしというところだと思う。

あと医者、確かに医者の賃金は高い、が全てにおいて本当か?

少なくとも研修医は安い、新制度で改善されても30万くらいだ。医師労働環境の現状と課題を見ると研修医世代は週に87時間くらいなので時給を計算すると800円を切っている。マクドの店員とかスーパーのレジ係に負けちゃう水準だ(笑)

こういう賃金で、人の生き死にを預かり一歩間違えば訴訟を起こされるというのは大変な職業だと思うよ。

« 生粋のオーストラリアの血統? | トップページ | アフガニスタンの誘拐事件 »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2368/42101201

この記事へのトラックバック一覧です: 医療制度とか介護制度とか:

« 生粋のオーストラリアの血統? | トップページ | アフガニスタンの誘拐事件 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter Update

Guitar Cord Book

  • :
  • :
無料ブログはココログ